ABC英語教室
認定保育所も兼ね備えたプリスクール

 

ABCブログ

ブログのテーマ

ABCヒストリー ABC教室長「八島文子物語」 Posts in English  アドバイス  おすすめの本  お客様の声 お家で英語 すべての投稿 セミナー情報  ニュース よくある質問  中学生クラスニュース  今日のレッスン 大学生の君 子どもの一言  子供の潜在能力を伸ばす  子育てママへのワンポイントアドバイス  教室のビデオ 未分類

2018年新学期スタート!

 わくわくドキドキの4月

新学年や新学期を迎えドキドキ、ワクワクしながら4月を迎えたことと思います。 そして、4月も後半を迎えるころには、学校や新しいクラスにも慣れてきた頃ではないでしょうか。もしかしたら引っ込み思案なお子様や人見知りで奥手なお子さんはまだ慣れてない子もいらっしゃるかも知れませんね。だとしてもこれから徐々に環境に慣れ緊張感もとれ、少し落ちついてくることと思います。

 習い事を始めるタイミング

生活のリズムや気持ちも少し落ち着いてくるこの時期は、習い事を始めるのにも今は良いタイミングです。私たちのABC英語教室でもこの時期は体験のお申し込みが特に多くなります。 習い事を始める理想のタイミングは、お子さん自ら始めたいと切り出した時と言えますが、なかなか小さい頃はお子さん自らから始めたいと切り出す事は少ないでしょう。中学生以下のお子さんにとっては言い出しにくいことでもあるので、親御さんの助言やサポートが必要だと思います。  

 

 2020年から英語教育が変わります

2020年から英語教育が大きく変わり、小学校でも英語も必修科目になることで、「英語をなんとかせねば…」と気になさる親御さんもが多いようです。 更に小学生だけでなく中学の英語教育もこれまでとは大きく変わりますし、その為にも英語の早期教育が益々重要になってきます。英語は勉強として習うよりも、遊びながら楽しく英語に慣れることで早期に身に付きます。 当然、小さい頃から慣れ親しんだほうがより自然に無理なく修得できます。

 でもABCのスタンスは変わりません

だからと言ってABCではこれまでと教育方針は変えません。ABCの教育方針は、何をやるにも、まずは楽しくやることだと考えています。楽しいと思って英語を始めれれば、英語を「勉強」しなければいけなくなった時にも抵抗は少ないでしょう。 英語教育の早期化によって子供たちが得る最大の恩恵は、「発音がきれい」「聞き取りができる」「読める」などだけではないと思います。幼いころから英語に接することにより、「英語って楽しい」という気持ちを子供たち自身が感じることだと思います。

 だから99%以上のお子さんが英語を話せるようになる

「習うより慣れろ」という言葉があるように、ABCではお子さんに楽しみながら英語に慣れていく教育方法をとってます。だからこそこれまでABCを卒業したお子様の実に99%以上のお子様方が英語を話せます。中学校では英語の授業は英語だけで行われるようになるそうです。2020年から小学校、中学校での新しい英語教育においてもABC英語教室で早期に学ぶことの優位性を実感する事が出来ると思います。グーローバル化、多様化していく時代の中で、益々英語の重要性が高まっています。英語に楽しく接することで自然と体得でき、コミュニケーション能力の向上も期待できます。ABCはこれからも変わらず、お子さんが英語を話せるようになることはもちろんのこと、お子様の人間形成や長所を伸ばすことなどをサポート応援していきたいと思います。

2020年から英語教育が変わる!

2020年から
小学3年生から英語教育スタート

2020年から英語教育が大きく変わろうとしています。日本で習った英語は世界の舞台ではほとんど使えない、先進国な中でも最も英語が話せないと言う現実を考えるとこの変革は嬉しいことです。正直、遅いくらいだとも思います。ではどう変わっていくのか?まず小学3年生から英語教育が始まっていきます。2018年から段階的に試験運用を開始する小学校もあるようで、2020年にはすべての小学校で英語が必修教科となります。

 小学5年生から
「英語」が教科として加わります

小学5年生からは他の教科の「国語」「算数」と同様に「英語」も必須教科として時間割に加わります。必須教科になると言うことは、英語授業が他の教科同様に時間割に組み込まれ、当然ながら成績も付くということになります。しかもその内容は、現在中学校で学習している内容を小学校のうちに学ぶ内容に変わっていおり、お子様にとっては負担の大きいものになるかもしれません。当然、先生方もそれに対応しなければならないので、生徒も先生も導入期は少し苦労されるかもしれません。

 中学ではオールイングリッシュ!

小学校卒業時までに最低限の単語を身に着けたうえで、中学校ではより対話的な授業がオールイングリッシュで行われるようになるようです。(ここが大きな変化で、小学生の時にキチンと出来てないともうチンプンカンプンになる可能性もあるのです。)
そして「聞く」「読む」「書く」に加え「話す」能力(対話能力、プレゼン能力)を育てるために、ニュース記事について自分の意見を話したり、仲間の意見を聞く、などの授業が新しく導入されるようです。これまでの日本の英語教育が一変する一大事とも言える教育改革です。

「話す」「聞く」が
新英語教育のキモ!

中学生にとって、オールイングリッシュになると言うことは、ついていけるのかお子さんも当然不安になりますし、親御さんにしてみても不安だろう思います。2020年の英語教育改革は大学入試にも大きく影響します。大学入試においてこれまでの「読み」「書き」に偏った試験から「話す」「聞く」が加わり、この4つの技能のバランスが重視された試験になるようです。今回の教育改革で大きく変わるのは、正に「話すこと」「聞くこと」を重視していくと言うことなんです。ABCにとってこの事は、当たり前のことであり、この教育改革はABCにとって喜ばしい事なのです。実を言うとABCを卒業したお子さんが中学生の授業で英語を習うと先生のほうが英語が下手なので「読み書き」主体のレベルを下げた授業を受ける事になり、正しい発音なのにその子が間違ってるかのような扱いをされることもあったのも事実なんです。ようやく、時代が私たち(ABC)に合ってきたかなとも思います。すいません、ちょっと言い過ぎましたね(笑)

 

新しい英語教育時代に不安をお持ちの親御さん、いつでも体験できる無料レッスンをやってますので、まずはお気軽にご体験ください。

英語を英語で体得できる子供の優れた能力

 こんな質問、実はNG!

英語を始めた頃に親御さんがお子さんについつい聞いてしまいがちな質問が
「今日はABC(英語教室)で何したの?」 「これは英語でなんていうの?」

でもこの質問はあまりオススメ出来ません。
こう言う聞き方はやめて欲しいというのが本音なんです。

 英語を英語で体得する事の大切さ

お子さんの能力のすごいところは英語を英語で体得することができると言う点。
でも、大人になると英語で英語を理解ということができなくなります。
どうしても英語を日本語で理解しようとしてしまいます。
英語がわからないから訳したいのです。

 子供にとって英語は理解するものではなく身に付けるもの

子供はわからないなりにも英語を聞いてゲームをどんどんやってくことができます。
みんなの動きを見て「こうやって行動するのか」「こうやって答えるんだ」 と理解していきます。
それをどうやって日本語で言うの?と聞かれても子供はわかりません。
英語を日本語変換して理解しているのではなく、英語そのものを身につけていくからです。

 子供の成長を大人の物差しで見ない

ここが大人が英語を習得するのと子供が英語を身につけていく違いです。
うちの子は英語を日本語に訳すことができないから、
またその逆で日本語を英語に訳すことができないから
「うちの子は英語を習いにに行っても何も身に付いていない」と思わないでください。
お子さんはテストをされていると思います。

「英語楽しかった」と言ってくれていたら、英語を身につけていっています。
どうか、お子さんが楽しんでいる姿を見て、一緒に喜び、理解してあげていただきたいと思います。

 

 

 

英語習得のポイント:楽しみながら「習うより慣れろ」

これまで以上に英語の必要性が増す時代

少子化、国内の需要縮小、ai化など様々なことを考えるとこれからの時代は日本だけにとどまらず、
よりグローバルなビジネスへの時代を迎えるのは避けられないかもしれません。
そうなるとやはり世界の第一言語でもある英語の修得は近い将来必要不可欠になるかも知れません。
さてそんな「英語」の修得時期っていつからが好ましいのか?
どのような修得方法が実は効果が高いのか?

 「学ぶより慣れる」為にも早めの対応

英語の早期教育にはいろいろな議論がありますが、
まずは慣れることを主眼におくと早く始めたほうがより英語に慣れやすく体得しやすいと言えます。
慣れる為に英語を勉強として習うよりも、遊びながら英語は楽しいと思って学べる時期に始めた方が、
高学年になって勉強に移行する(ゲームばかりでなく読み書き英語の問題を解くなど)のがスムーズです。

 ABCは楽しさを与え、英語への抵抗をなくす

何をやるにも、まずは楽しいと思ってやることが大切です。
楽しいうちにできるようになると勉強に入った時も抵抗を感じることは少ないと思います。

英語教育の早期化によって子供たちが得る最大の恩恵は、「発音が・・・」「聞き取りが・・・」「学習内容が・・・」ではありません。
幼いころから英語に接することにより、「英語って楽しい」「英語が話せたらカッコいい」という気持ちを子供たち自身が早い段階で感じることだと思います。

「習うより慣れろ」という言葉があるように、楽しみながら慣れていってほしいと思います。

感慨無量の20周年記念パーティー

 多くの人に支えられて迎えられた感謝の20周年

ABC英語教室は無事20年を迎え、先日、20周年記念パーティーを開催させて頂きました。 例年比べ桜の開花も早く、当日は20周年に相応しいぽかぽか陽気で春らしい、そして私の気持ちを表したかのような晴れ晴れとしたお天道様にも祝福されてるかのような天候でした。

 1998年にスタートした当時はわずか3名

1998年にABC英語教室を立ち上げた時は3名の生徒でした。 皆様のおかげでここまでやってくることができました。本当にありがとうございます。すでに社会人となっていたり、今年の春から大学院に行く子達。 懐かしい顔をみせてくれました。 本当に嬉しかったです。

 あっという間の20年

20年というと長いと思いますが、あっという間でした。 時には、辛くて逃げてしまい時もありました。でも、それを上回るほど楽しいことがあったから続けてこられました。生徒さんと向き合いながらの20年間は、楽しいだけでなく生徒さん以上に自分自身も教えられる事も多く、教えることで自己成長にも繋がった、とても大切な20年間だったと感じています。

 世界平和の架け橋になる子を育てたい

小さい時期から英語に慣れ親しむことで自信を持ち、自分の意見を言える子に育って欲しい。 将来は、得意の英語を仕事に活かし、海外にもたくさんの友達を作って欲しい。 そうすることで「世界を平和の懸け橋」になれる子を育てようとやって参りました。 お陰様でみんな優しい子に成長してくれました。 子供達のために何ができるかを話し合いながら、時にはケンカも派手にしました。 でも、ケンカをしてもゴールは同じ。だからこそ、こうして再会し 笑っていられるんだと思います。

 様々な人のエネルギーがABCのパワーの源

20年前と比べ、今、英語教室は商売的参入も増え乱立しています。そういう意味では、競争の原理に巻き込まれ ABCもこれまでと比べると厳しい状況です。でもABCは、私一人ではありません。 毎日、毎日、いろいろな顔を見せてくれる子供達。 みんなからたくさんのエネルギーをいただいています。 そして、私を支えてくれる大切なスタッフ。 私の足らない所をみんなでヘルプしてくれています。 今でも、何かあると顔を見せてくれる歴代の先生方。 子供達のために何ができるかを話し合いながら、時にはケンカも派手にしました。 でも、ケンカをしてもゴールは同じ。だからこそ、こうして再会し 笑っていられるんだと思います。そして何よりもABCをここまで続けてこられたのは、他でもない、影で支えてくれた両親のおかげです。 本当に感謝しています。

更なる進化を目指し、地域一番を目指します

これから、ABCは学童の子や、放課後一人で家にいる子や勉強に困っている子の勉強部屋として英語も他の教科も教えていきます。学校の帰りにはABCに行って英語も宿題も勉強もやるぞ~となっていけるようにしていきます。 そして、中学生コースも英語だけではなく5教科を教えています。 英語は会話と文法の両方をやることで変わっていく受験に対応していきます。
機械的にただ教えるだけでなく、子供達としっかり向き合い愛情を持って接し、子供の持つ可能性を信じ、子供の能力を最大限に発揮できるような教室運営を追求していきます。

どうぞ、これからもよろしくお願いします、そして皆様のお力をお貸しください。
 2018年3月吉日 八島 文子

 

ABCプリスクールの年齢別の特徴

 

 0〜2歳時の特徴とは?


0~2歳  聴覚が非常に優れています。英語の歌やお話をCDやDVDで毎日30分~2時間程聴かせてあげましょう。違うものをいろいろ聴かせるよりも、同じものをある程度の期間繰り返す方が効果があります。一週間ごとにビデオを変えてみることで子どものリピート率や理解力が上がるという研究結果があります。

親御さんは無理に英語を話そうとせず、普段のコミュニケーションは日本語で大丈夫です。 ご家族で日本語でしっかりとコミュニケーションが取れていて、日本語の土台ができていることが英語の習得にもさらに効果を表します。 まだまだ、英語を話しません。英語を話さない為、我が子は「ちゃんとわかっているのかな」と不安になりますが、理解していないわけではありません。何かのきっかけに突然話し出すことがあります。お子さんを信頼して焦らず気長に見守る時期でもあります。

 

2~4歳(幼稚園前〜年中)の特徴とは?

2~4歳(幼稚園前〜年中)  自我ができてきてイヤイヤ期にも入り、また自分の好みがはっきり出てきてくる頃です。 子どもの好きなものを利用して教材を選ぶのもよいかもしれません。幼児向けのDVDやCDを繰り返すとどんどん吸収します。親子で歌やアクティビティをいっしょに行えば、より楽しく効果が期待できます。 単語から短い文が言えるようになります。間違っても訂正せず、大人の方で正しい英語を話すことで正しい英語を身につけていきます。

 

 4〜6歳(年少〜年長)

4~6歳(年少〜年長)  いろいろなことができるようになる時期です。塗り絵をしたり、歌ったり、ゲームをしたり、アクティビティが大好きな年頃です。この頃では、語彙も増え、質問文も言えるようになり、質疑応答もできるようになります。親御さんの発音を直す子も出てきます。一気に 読む、書くができるようになる成長期です。

 

 バイリンガル思考で自信がもてるお子様に育つ

いかがでしたでしょうか。乳幼児からスタートすることで小学校に入る前までにかなりネイティブな英語を話せる様になりますし、

英語に対する抵抗や苦手意識もなく、より柔軟に吸収できる土台が形成されるので、この時期はとても効果が高いと言えます。グローバルな活躍が必要なこれからの時代だからこそ、早くから英語にふれバイリンガルな志向を持つことで脳内活性が高まり、認知的柔軟性が豊かで創造性を高め、さらに自己開発にも繋がり、自信に満ち溢れるお子様に育つので、早くからの英語習得はお子さんにとっても可能性を広げるいい機会とも言えます。

 

 

英語はいつから学ばせるべきか?

 

 英語の早期教育の是非について

ABC英語教室では、0歳(5ヶ月くらい)からのお子様をお預かりしています。 英語の早期教育には様々な意見があります。 まだ、日本語も話せないのに英語なんて早い。 日本語が確立してから他言語を学ぶべきだというのが、早期英語教育に疑問を抱く方からよく聞くお言葉です。 その反面「英語を始めるのは早い方がよい」と言う方もたくさんいらっしゃいます。 やはりグローバル化に伴い自分のお子さんに英語を学ばせたいと思っている方が増えてきているからだと思います。

 実例から読み解いて見る

では実際に、英語を早く学んだことでどうなっているかをABC英語教室の例で挙げてみましょう。 5ヶ月くらいできた赤ちゃんは、先生の横で寝てレッスンを受けています。そして、1〜2歳児のお友達に"Baby!"と言われながらあやしてもらっています。そんな状態ですが、しっかりと英語は聞いています。 赤ちゃんが言葉を話し始める時に喃語(なんご)を話し始めますが、その中、日本語にはない音が現れます。それは英語の発音を聞いてるからこそ出てくる喃語です。 そして、英語を話し始めるとネイティブのような発音で話し始めます。 早期英語教育に疑問を持つ方は日本語が育たないのではと思っているからだと思いますが、そんなことはありません。日本に生まれ、育っているので、むしろ日本語はほっといてもどこからでも入ってきます。

 全ての言語を聴き取る能力を持っている赤ちゃん

実際は英語教室にいる時間の方が圧倒的に短いのです。 日本語が話せなくなるのではと心配することは全くありません。 このようなことから、私は日本語が話せなくても英語を学び始めるのは良いと思っています。アメリカのワシントン大学の研究ですが、赤ちゃんは猿の顔も見分けられるそうです。 それは自分が生きていく上で誰が自分の面倒を見てくれるかを確認するためでもあります。 そして、赤ちゃんはすべての言語の音を聞き取る能力をもっているといます。 それは、自分が生きる上で必要な言語を聞けて話せなくてはならないからです。 そして、自分に必要のない音の部屋の扉(言語や発音)は一つずつとじられていくのです。 だから、日本語が確立してからの発音が難しいのはこのためです。一度、閉じた扉を開けるのは至難の技です。

子供は言語の天才である! 

0歳から聴覚はすでに発達し始めているので、英語のシャワーというように幼い頃から英語をたくさん聞いていると、lやr、sやthの発音など聞き取りやすく、また言えるようになるのだと思います。 言語に区別や大人の様な苦手意識などもないからこそ、幼い子供の方が、英語への抵抗がないと言えます。母語が確立するのは、8~10歳前後と言われています。それ以前に英語に触れる機会がないと英語を母語として認識することがなくなります。日本人の子供がアメリカで育つとすぐに英語を覚えられるのも同じで、子供はとにかく言語の天才でどんな言語もどんどん吸収します。 でも、残念ながら一緒に行った大人は違いますよね。それは、英語を外国語として覚えなければならないからです。 もちろん、大人になって努力して覚えた方もたくさんおられます。 私もその一人ですが、今、子どもに教えていて思うのは、あっという間にネイティブのような発音で話す子どもたちに驚いています。

2020年のオリンピックに向けて、小学校でも英語は必須科目になりつつあります。英語が身近になった今、一体いつからどんな形で子どもの英語教育を始めればいいのだろうかと頭を悩ませる親御さんも多いと思います。もちろんいつから始めても遅いということはありません。 でも、できるなら耳が発達し吸収しやすい子供(より赤ちゃんの頃からの)のうちにネイティブの英語をしっかり聞いてほしいです。

 年齢と共に学習法が変わる

では、具体的にはいつ何を学んだらいいのでしょう?早い方が有利だとは言えますが、〇〇歳で始めたから遅くて学べないと言うこともありません。年齢によってできることが違うので、学習方法も違ってきます。子どもは心もからだも日々、大きく成長しています。発達に合わせて、楽しく学べるように工夫することが最終的にいつから始めてたとしても重要な要素です。

 

明けましておめでとうございます。

 謹賀新年 2018年元旦

明けましておめでとうございます。
健やかなる新年をお迎えのことと存じます。

 節目となる20周年の年

今年、ABC英語教室は2月で大きな節目となる20周年を迎えます。

過ぎてしまえばあっという間の20年間ですが、
ABC英語教室は、生徒さん、生徒さんの親御さん、
そしてスッタフ、講師の皆様、多くの方々の支えがあったからこそ、
こうして20年もやってこれたのだと思います。

本当にありがとうございます。
心より感謝と御礼を申し上げます。

 成長とチャレンジの年

今年はこれまで以上にABCにとっても
成長とチャレンジの年として臨んでいきたいと思います。

子供達が楽しく英語を学ぶ教室にする、
読む、書く、話す、聞くといった子供達の能力を伸ばしていく
英語の能力を伸ばすためにも、日本語の語彙や知識を伸ばしていく
小学生や中学生は自ら課題を見つけて解決していけるように導く
といったABC英語教室での特徴をより深く追求していきたいと思います。

スタッフ一同、力を合わせて子ども達の総合的な能力を向上させていきます。
そのためには、保護者の方のご協力とご理解が不可欠です。

これからもABC英語教室をよろしくお願いいたします。

ABC英語教室 八島 文子

2017年を振り返って(代表 八島文子)

2017年最後のレッスンを終えて 

12月22日は今年最後のレッスンでした。
お菓子でできたジンジャーブレッドハウスをみんなで手で崩して小さくし、
スナックタイムにいただきました。
子ども達はとても嬉しそう。
ダイナミックに壊す子、ちょっこと触っただけの子。
飾りのサンタをとって得意気な顔の子。みんなキラキラしていました。

今年はABC英語教室にとって大変な年でした。
経営者としても、いろいろな悩みや葛藤がありました。
でも、振り返ってみると本当に素敵な一年でした。  

 振り返れば素敵な一年

今日、レッスンをしながら、
何て幸せな仕事をしているんだろうと改めて感じました。  
私はそのことをどこか忙しさの中で忘れていました。

小さなお子さまを預かる仕事だからこそ、
決して同じことがない常に緊張感あるライブ感満載の毎日。

子ども達は同じ顔は見せてくれない。
同じところに止まってもいない。
毎日、やれることがどんどん増えて、語彙も日に日に増えていって、
だからこそのこの成長を毎日見ることができる幸福。

 子供たちの成長を毎日見られる幸せ

いきなり顔の前やランチの上にくしゃみをされることもある。
“Oh, no!!!”と言いながら、なぜか笑ってしまう。  

私たちは毎日、子どもに試される。
その試験をパスしなければ下手をしたら子どもになめられる。  
時々、あ~、休みたい、なんて思う日もある。

でも、今の私から、この子たちをとってしまったらどうなるんだろう。

その先が考えられない。  
そんなことありえない。

一緒にいられる幸せに気づかせてくれた子供たち

私は一体何を見て来たんだろう。
目の前の幸せに気づいていながら、誰かと比べて、何かを探し続けていた気がする。

すぐ目の前にあったのに。
あまりにも日常のなかにありすぎて気付くことができなかった。

この幸せを気づかせてくれた子ども達にありがとう。

全ての人に幸せを❤️

2018年も皆様が幸せでありますように。
Happy New Year. ❤️😊
  

ABC英語教室 八島 文子

私も主人も英語が話せませんが大丈夫ですか?

Q : 体験に来たお母様方から多い質問に「 私も主人も英語が話せませんが大丈夫ですか?」 というのがあります。

A : 答えは 「大丈夫です。」 です。

現在ABC英語教室に通われている方の親御さんで90%の方が話せません。 それでも、通っているうちに英語が話せるようになっていきます。 それは、先生や友達と遊びながら楽しく英語を学ぶからです。 時々、私たちでも驚くような単語が出てきます。 「これはレッスンで教えていないのになぁ〜」 と思うのですが、先生同士の会話を聞いて覚えたんだなと思います。

本当に子どもの耳は素晴らしいですね。 ですから、心配なさらずに、英語はABCにおまかせください。

時々、私も英語が話せるようになりたい。 子ども達と英語で会話したいというお母様もおられます。 そんな方の為にABC英語教室のメソッドをお家でもできるように考えた 「お母さんが子どもに教えるお家で楽々英語」 という講座をご案内しています。 大人の英語教室はどこでも、大人用の英語しか教えません。 ですから、お子さんの前でアウトプットしようと思っても話す事ができないのです。 英語は聞いて、話す。 このくりかえしで話せるようになっていきます。

しかし、せっかく習った英語も話すところがなくてはもったいないです。 この『楽々英語』のメソッドは話せない方でも、簡単にお家で英語をお子さんと遊びながら英語を話せるようになる様に出来ています。 セミナー中に家で使うカードゲームを作り、それで遊び、お家で繰り返す。 お子さんもお母さんと一緒にゲームをすることで、さらに英語に興味を持ちます。

講座を受けた方から「子どもに発音を教えられます」という声も聞かれますが、お母さんたちはそれも嬉しい様です。 英語が話せないのを気にして、お子様のチャンスも奪わないでください。 このセミナーを通してお子さんと一緒に英語を話せる様になることもできます。

ページ 1 of 37123...Last »

教室のビデオ