ABC英語教室
認定保育所も兼ね備えたプリスクール

 
カテゴリーのアーカイブ

未分類

英語を英語で体得できる子供の優れた能力

 こんな質問、実はNG!

英語を始めた頃に親御さんがお子さんについつい聞いてしまいがちな質問が
「今日はABC(英語教室)で何したの?」 「これは英語でなんていうの?」

でもこの質問はあまりオススメ出来ません。
こう言う聞き方はやめて欲しいというのが本音なんです。

 英語を英語で体得する事の大切さ

お子さんの能力のすごいところは英語を英語で体得することができると言う点。
でも、大人になると英語で英語を理解ということができなくなります。
どうしても英語を日本語で理解しようとしてしまいます。
英語がわからないから訳したいのです。

 子供にとって英語は理解するものではなく身に付けるもの

子供はわからないなりにも英語を聞いてゲームをどんどんやってくことができます。
みんなの動きを見て「こうやって行動するのか」「こうやって答えるんだ」 と理解していきます。
それをどうやって日本語で言うの?と聞かれても子供はわかりません。
英語を日本語変換して理解しているのではなく、英語そのものを身につけていくからです。

 子供の成長を大人の物差しで見ない

ここが大人が英語を習得するのと子供が英語を身につけていく違いです。
うちの子は英語を日本語に訳すことができないから、
またその逆で日本語を英語に訳すことができないから
「うちの子は英語を習いにに行っても何も身に付いていない」と思わないでください。
お子さんはテストをされていると思います。

「英語楽しかった」と言ってくれていたら、英語を身につけていっています。
どうか、お子さんが楽しんでいる姿を見て、一緒に喜び、理解してあげていただきたいと思います。

 

 

 

英語習得のポイント:楽しみながら「習うより慣れろ」

これまで以上に英語の必要性が増す時代

少子化、国内の需要縮小、ai化など様々なことを考えるとこれからの時代は日本だけにとどまらず、
よりグローバルなビジネスへの時代を迎えるのは避けられないかもしれません。
そうなるとやはり世界の第一言語でもある英語の修得は近い将来必要不可欠になるかも知れません。
さてそんな「英語」の修得時期っていつからが好ましいのか?
どのような修得方法が実は効果が高いのか?

 「学ぶより慣れる」為にも早めの対応

英語の早期教育にはいろいろな議論がありますが、
まずは慣れることを主眼におくと早く始めたほうがより英語に慣れやすく体得しやすいと言えます。
慣れる為に英語を勉強として習うよりも、遊びながら英語は楽しいと思って学べる時期に始めた方が、
高学年になって勉強に移行する(ゲームばかりでなく読み書き英語の問題を解くなど)のがスムーズです。

 ABCは楽しさを与え、英語への抵抗をなくす

何をやるにも、まずは楽しいと思ってやることが大切です。
楽しいうちにできるようになると勉強に入った時も抵抗を感じることは少ないと思います。

英語教育の早期化によって子供たちが得る最大の恩恵は、「発音が・・・」「聞き取りが・・・」「学習内容が・・・」ではありません。
幼いころから英語に接することにより、「英語って楽しい」「英語が話せたらカッコいい」という気持ちを子供たち自身が早い段階で感じることだと思います。

「習うより慣れろ」という言葉があるように、楽しみながら慣れていってほしいと思います。

自分目線ではなく、子ども目線の声かけが子供の力を伸す

声かけで変わる心


「ママ〜、目つぶって〜!」
「何で? ママは目はつぶらないよ!」
「いいから、来て来て〜!ほら、こんなに頑張ったんだ〜!」
黒板に書いてある時間を指してママに自慢げに見せる子。   

ABCの勉強部屋には、英語だけではなく、学校の勉強や宿題をするクラスがあります。
そこで、かけ算を頑張った子。 どんどん速く言えるようになってママに見せたかったようです。
この時間の表を見た時に、あなたは何と声をお子さんにかけますか?         

ママは家族の為にご飯を作っていますよね。
たまには、時間をかけて頑張る時もあると思います。
「ご飯できたよ〜!」
「は〜い」
「今日のご飯、美味しいね!」
「でもさ、この前のあれは美味しくなかったね。」
「いつもこんなに美味しいと嬉しいのにね〜。」
なんて言われたら、どんな気持ちがしますか?  

本当なら、
「ママ、美味しい〜!ありがとう!」
こんな言葉を聞きたいですよね。   

これを学習時のかけ算に例えてみましょう。  

「すごいな。どんどん速くなってる〜」
「だけどさ、これ3×4=12の反対から言えるの?」
「反対から言えなかったら、ダメなんだよ。」
「この前もさ〜….」

では、どうでしょうか?
料理の時の反応と同じく、お子さんも同様の気分でしょう。

だからこそもっと素直に「今」の気持ちを伝えるべき。

「すごいな。どんどん速くなってる〜」
「かけ算、頑張ったんだね〜!」 
「ママ、ビックリしたよ〜!」
「嬉しいな〜」

ちょっとしたらことばの伝え方だけで、
お子さんのお顔は想像以上に変わるかもしれません。

伝えかたを変える事で自分のお子さんの表情がどんどん変わっていきます。
きっとどんな風に変わるのか、毎日が楽しみになりますよ。


2017年7月 算数と国語を同時に伸ばすパズル 分数編

Book: 算数と国語を伸ばすパズル
小学生2年生後半から出来るかもしれません。
国語力をつけながら、算数を解ける問題です。
パズルを解きながら、楽しく勉強してください。

book of the month thumbnail image

Buy on Amazon

【喜びと寂しさ】

【喜びと寂しさ】

ここは、ABC英語教室の
CubsとBears の部屋を繋ぐ渡り廊下。
毎日、子どもの手を繋いで渡る。
階段で転ばないように、
板の隙間で躓かないように。

でも、その日は
ある日、突然、前触れも無くやってくる

続き読む

いやいや期

[いやいや期。さあ、どうする?]
お母様方からよくいただくく質問。

「よくお友達と玩具の 取り合いになります。
おもちゃを貸すことが、 なかなか出来ません

おもちゃなんか貸せるわけない!

続き読む

遊んで学べる場所に行こう!

[遊んで学べる場所]

もうすぐ春休み。
遠くに行けなくても、遊んで学べる場所はたくさんありますね。

さあ、どこに行きましょうか?

私の大好きな場所は、上野科学博物館
実は私は「恐竜ガール」なのです。^-^
恐竜と聞くと一人で見にいてしまうくらい大好き。
恐竜をみたり、いろいろな飛行機や実験もできますよ。

茨城自然博物館もよいですね。埼玉なら、ここも近いです。

 

ちょっと遠いけど来るまでならここもお勧め。
本所防災館

地震や暴風雨など、
災害を体験することが出来ます。
消防庁が管轄の施設。

非常時の勉強が出来る施設です。

消防士の格好が出来て、消防車好きのお子さんには、
たまらない施設かもしれませんね。

先日、ABCで消防署に遠足に行った時も
みんな消防車を間近でみたり、
救急車にのったりで、
大興奮でしたから^-^

そして、ABCでも、スプリングクラスがあります。
ここではプチ留学体験ができますよ〜!

皆さんの参加をお待ちしています!

越谷ミラクル館にて

 

お問い合わせ

 

 

Happy New Year 2017

Happy New Year
明けましておめでとうございます。

皆様は、どんなお正月をすごされましたか?

私は、風邪もすっかり良くなり、
年末年始をゆっくりと過ごすことができました。

続き読む

2017年1月 Happy New Year, Spot!

今月の本は Happy New Year, Spot! 。

続き読む

2016年12月 The Night Before Christmas (Classic Collectible Pop-Up)

今月の本は The Night Before Christmas (Classic Collectible Pop-Up) 。

続き読む

ページ 1 of 4123...Last »