ABC英語教室
認定保育所も兼ね備えたプリスクール

 
カテゴリーのアーカイブ

アドバイス

英語を英語で体得できる子供の優れた能力

 こんな質問、実はNG!

英語を始めた頃に親御さんがお子さんについつい聞いてしまいがちな質問が
「今日はABC(英語教室)で何したの?」 「これは英語でなんていうの?」

でもこの質問はあまりオススメ出来ません。
こう言う聞き方はやめて欲しいというのが本音なんです。

 英語を英語で体得する事の大切さ

お子さんの能力のすごいところは英語を英語で体得することができると言う点。
でも、大人になると英語で英語を理解ということができなくなります。
どうしても英語を日本語で理解しようとしてしまいます。
英語がわからないから訳したいのです。

 子供にとって英語は理解するものではなく身に付けるもの

子供はわからないなりにも英語を聞いてゲームをどんどんやってくことができます。
みんなの動きを見て「こうやって行動するのか」「こうやって答えるんだ」 と理解していきます。
それをどうやって日本語で言うの?と聞かれても子供はわかりません。
英語を日本語変換して理解しているのではなく、英語そのものを身につけていくからです。

 子供の成長を大人の物差しで見ない

ここが大人が英語を習得するのと子供が英語を身につけていく違いです。
うちの子は英語を日本語に訳すことができないから、
またその逆で日本語を英語に訳すことができないから
「うちの子は英語を習いにに行っても何も身に付いていない」と思わないでください。
お子さんはテストをされていると思います。

「英語楽しかった」と言ってくれていたら、英語を身につけていっています。
どうか、お子さんが楽しんでいる姿を見て、一緒に喜び、理解してあげていただきたいと思います。

 

 

 

英語習得のポイント:楽しみながら「習うより慣れろ」

これまで以上に英語の必要性が増す時代

少子化、国内の需要縮小、ai化など様々なことを考えるとこれからの時代は日本だけにとどまらず、
よりグローバルなビジネスへの時代を迎えるのは避けられないかもしれません。
そうなるとやはり世界の第一言語でもある英語の修得は近い将来必要不可欠になるかも知れません。
さてそんな「英語」の修得時期っていつからが好ましいのか?
どのような修得方法が実は効果が高いのか?

 「学ぶより慣れる」為にも早めの対応

英語の早期教育にはいろいろな議論がありますが、
まずは慣れることを主眼におくと早く始めたほうがより英語に慣れやすく体得しやすいと言えます。
慣れる為に英語を勉強として習うよりも、遊びながら英語は楽しいと思って学べる時期に始めた方が、
高学年になって勉強に移行する(ゲームばかりでなく読み書き英語の問題を解くなど)のがスムーズです。

 ABCは楽しさを与え、英語への抵抗をなくす

何をやるにも、まずは楽しいと思ってやることが大切です。
楽しいうちにできるようになると勉強に入った時も抵抗を感じることは少ないと思います。

英語教育の早期化によって子供たちが得る最大の恩恵は、「発音が・・・」「聞き取りが・・・」「学習内容が・・・」ではありません。
幼いころから英語に接することにより、「英語って楽しい」「英語が話せたらカッコいい」という気持ちを子供たち自身が早い段階で感じることだと思います。

「習うより慣れろ」という言葉があるように、楽しみながら慣れていってほしいと思います。

受験とはちがう。社会ではライバルは日本人だけじゃない!

 ライバルは日本人だけじゃない


お盆というのに、涼しい毎日ですね。
でも、受験生は夏が勝負の時です。今日はちょっと長いですが、しっかりと読んでください。君達が受験で闘うのは、日本人で同じ年の人たちだけ。でも、社会に出たらどうなんだろう?これは、今、起きている現実の話で、ぜひ見てもらいたい私の友人から届いたメッセージです。大事な内容ですのでじっくりお読みください。

 友人からのメッセージ

子どもたちへ

続き読む

知っておいて損はない「いい洗脳と悪い洗脳」

 赤ちゃんに歌を歌い出す

「やしゃし〜ね〜」と何度も何度も歌っているのがわかりますか?
こちらは、先日の保育室での出来事。赤ちゃんに、みんながいきなり歌を歌い始めました。何度も何度も同じことを言う。

これは、人を洗脳するときに使われる手段。これも、立派な洗脳です。^-^

 お子さんにどんな声をかけてるか考えて見て下さい

あなたは、お子さんにどんな声をかけていますか?

「遅いんだから〜」
「ぐずね〜」
「ノロノロしてないで速くしなさい」
「なんでわからないの」
「勉強しないんだから〜」

思わず、悪気はなく、お子さんにやってほしいから言ってしまうことってないですか?それをお子さんに今まで何回言っていますか?そうすることで知らず知らずのうちに僕は、私は、そうなのか〜と脳が思い始めます。

脳が思い始めるとそれは、脳の無意識の部分に働きかけます。

意識をしている部分は氷山の一角。
無意識の部分の方が大きいのです。

 未成熟の脳にはよい情報を

そこにその情報を入れてしまうとどうなるかは想像できますよね。どうせ入れるなら、良い情報を入れてあげましょう。

「やさしいね」
「ありがとう」
「昨日より、出来るようになったね」
「元気に起きて来てくれてありがとう」

何でも良いのです。元気に起きてこなくたってそういってしまいましょう。

お母さんが笑いながら、そういっているとお子さんは、そのマジックにかかってきます。子どもにかける言葉は、お母さんからのメッセージ。洗脳(いい意味の)にも繋がります。

みんなが嬉しくなるような言葉をかけていく方が長い目で見たら、きっとうまく行くと思います。

お子さんへの声かけちょっと気にしてみてください。

ABC英語教室へのお問い合わせ
お母さんが子どもに遊びながら教える楽々英語も開催中!

暗いときには灯りをつけよう!

 心が前向けになれない時こそ心がける事

暗くなったら灯りをつける。
明るい昼間は灯りを消す。

こんな当たり前のこと誰でも知っていますよね。
そして、誰でもやっていますね。

電気代もったいないし^-^

続き読む

おうむ返し

[おうむ返し]

子どもはおうむ返しで言葉を覚えます。
「おはよう」というと「おはよう」
「おはようございます」というと「おはようございます」
と返ってきます。

続き読む

<動画>幼稚園に行きたくな〜い-No School –

先日の「幼稚園行きたくない」をYoutubeに掲載しました。

 

幼稚園イヤだ!(No School!!)

[学校行くのヤダ!]

幼稚園や学校、塾等
お子さんが行きたくないという日がありますよね。
そんなのないというお子さんもいらっしゃいます。
それなら、お母さんも安心ですよね。


でも、「嫌だ!」と言われたときに、
どんな言葉をかけていますか?

  

続き読む

Pilates(ピラティス)

ABC英語教室、遊びながら
楽しく英語を
子どもに教える
勉強法の講座
主宰の八島です。

今日も、お読みいただきありがとうございます。

運動していますか?

続き読む

Baby(ようこそ赤ちゃん)

3コマイラスト

ABC英語教室で、赤ちゃんをお預かりしようと思ったのは、

続き読む

ページ 1 of 6123...Last »