ABC英語教室
認定保育所も兼ね備えたプリスクール

 
カテゴリーのアーカイブ

アドバイス

英語を英語で体得できる子供の優れた能力

 こんな質問、実はNG!

英語を始めた頃に親御さんがお子さんについつい聞いてしまいがちな質問が
「今日はABC(英語教室)で何したの?」 「これは英語でなんていうの?」

でもこの質問はあまりオススメ出来ません。
こう言う聞き方はやめて欲しいというのが本音なんです。

 英語を英語で体得する事の大切さ

お子さんの能力のすごいところは英語を英語で体得することができると言う点。
でも、大人になると英語で英語を理解ということができなくなります。
どうしても英語を日本語で理解しようとしてしまいます。
英語がわからないから訳したいのです。

 子供にとって英語は理解するものではなく身に付けるもの

子供はわからないなりにも英語を聞いてゲームをどんどんやってくことができます。
みんなの動きを見て「こうやって行動するのか」「こうやって答えるんだ」 と理解していきます。
それをどうやって日本語で言うの?と聞かれても子供はわかりません。
英語を日本語変換して理解しているのではなく、英語そのものを身につけていくからです。

 子供の成長を大人の物差しで見ない

ここが大人が英語を習得するのと子供が英語を身につけていく違いです。
うちの子は英語を日本語に訳すことができないから、
またその逆で日本語を英語に訳すことができないから
「うちの子は英語を習いにに行っても何も身に付いていない」と思わないでください。
お子さんはテストをされていると思います。

「英語楽しかった」と言ってくれていたら、英語を身につけていっています。
どうか、お子さんが楽しんでいる姿を見て、一緒に喜び、理解してあげていただきたいと思います。

 

 

 

英語習得のポイント:楽しみながら「習うより慣れろ」

これまで以上に英語の必要性が増す時代

少子化、国内の需要縮小、ai化など様々なことを考えるとこれからの時代は日本だけにとどまらず、
よりグローバルなビジネスへの時代を迎えるのは避けられないかもしれません。
そうなるとやはり世界の第一言語でもある英語の修得は近い将来必要不可欠になるかも知れません。
さてそんな「英語」の修得時期っていつからが好ましいのか?
どのような修得方法が実は効果が高いのか?

 「学ぶより慣れる」為にも早めの対応

英語の早期教育にはいろいろな議論がありますが、
まずは慣れることを主眼におくと早く始めたほうがより英語に慣れやすく体得しやすいと言えます。
慣れる為に英語を勉強として習うよりも、遊びながら英語は楽しいと思って学べる時期に始めた方が、
高学年になって勉強に移行する(ゲームばかりでなく読み書き英語の問題を解くなど)のがスムーズです。

 ABCは楽しさを与え、英語への抵抗をなくす

何をやるにも、まずは楽しいと思ってやることが大切です。
楽しいうちにできるようになると勉強に入った時も抵抗を感じることは少ないと思います。

英語教育の早期化によって子供たちが得る最大の恩恵は、「発音が・・・」「聞き取りが・・・」「学習内容が・・・」ではありません。
幼いころから英語に接することにより、「英語って楽しい」「英語が話せたらカッコいい」という気持ちを子供たち自身が早い段階で感じることだと思います。

「習うより慣れろ」という言葉があるように、楽しみながら慣れていってほしいと思います。

「勉強ができる子に育てたい」その唯一の方法とは?

 ウチの子、なかなか勉強してくれない、この先心配だわ〜、

「うちの子なかなか勉強してくれない」この先心配〜!

なかなか勉強をしてくれない我が子をみて少し心配になり塾に入れた方がいいのか迷ってたりすることもあると思います。でも塾選びもなかなか大変です。世の中にはたくさんの小学生のための塾がありますし、さてどこを基準に選べばいいのやらと塾選びでも頭を悩ませることになってしまいます。今日はどのような視点で考えればいいのか、お子さんが勉強できるようになるためには何が必要かをご紹介します。

 普通に塾に行けば勉強できるようになるのか?

塾に行き単に勉強を教われば、だんだん子供は勉強してくれるようになると思いますか?実はそれだけではダメなんです。

いい塾の定義を一言で言うと勉強を教えるのではなく、勉強ができるようになることを教えることなのです。

私たちも勉強は教えません。
勉強を教えないのに塾なの?と言われそうですが、
はい、そうです。勉強は教えません。
  
私たちのABC英語教室は英語だけでなく、実は全ての教科を教えています。
小学生の宿題から中学生の受験対策まで。

それなのに、勉強は教えないの?と言われそうですが、
答えは「はい、教えません。」

 どうやったら自分で勉強ができるのか?

我々が教える事は、どうやったら勉強ができるようになるか?

 

先生に言われなくても、自分で課題を見つけ勉強を始める。
先生に説明されなくても、自分でどこを探してみれば問題解決できるのか?
どこをどう間違ったのか。どうすれば解けるのか。
そのためのノートの作り方。

こうすることで自分で解決しようとする力が養われます。
実は大学受験とて最後は自主学習ができるかがポイントなんです。
あくまで塾はその手助けをすると言うことが前提なんです。
小学生から自分で解決しようとする力を養えば、
何をするにしても強い人間になり、もちろん勉強も出来るようになります。

 

子供にとって楽になるだけでは伸びない

先生に教えてもらい、授業形式でやってもらうのは、楽なんです。
だって、自分で考えなくてよいから。
与えられた物をやって、わからなければ教えてもらう。
これって楽なんです。自分で調べるのは大変ですから。

でも、それでよいのかな?
自分で解決する力はつくのかな?

事実、
他の塾から来て、私たちのやり方に慣れるまでは大変です。
「何で教えてくれないの? 塾なのに〜?」という子もいます。

でも、ひとたびABCのやり方に慣れると先生に何も言われなくても、
来たと同時に自分でテキストをだして、やり始めます。

 

 『どんなお子さんに育ってほしいですか?』


自分から課題を見つけて取り組む子?

それとも
課題を言われるまで待っている子?

もう答えは明らかですよね。

さていかがでしたでしょうか。
勉強ができる子を作るには、
勉強をただ教えるのではなく、勉強ができる子に育てること。
塾だけでなく、子育て自体もこの精神が大切です。

だからこそ、

「どこをやったら良いのか教えてほしい」
「わからない時は先生に教えてほしい」
「先生の説明を聞かないと問題が解けない」

などと、
塾にこう言う部分だけを期待するのは長い目で見ると
本当に意味でお子さんが自ら勉強ができる子には育ちにくいのです。
(我がABC英語教室ではこう言う部分を期待する方は来ない方が賢明です)

是非、塾選びをする際は入塾前の面談でこの辺りのことを聞いてみて
判断してみてください。

 

やりすぎママは危険、それがお子さんをダメにしてますよ!

 なんでもやりすぎになってませんか?

こんなことありませんか?
「忘れ物はない?明日は、これが必要よ」なんて、
お子さんの準備とかついつい手伝うどころか全部やってしまうなんてこと。
 
その子は泣きながらスクールにやって来ました。
お母さんに理由を聞くと、今日の為に用意していた物を隠したから叱ったと。

 実はよくある話…「困るのは誰?」

子供が忘れないようにと思い、スクールに持っていく物をお母さんは準備をした。
お子さんは、それをなぜか隠してしまった。

えー、そんなことでとお思いかも知れませんが、
こんな風なことで叱ったってことよくある話なのです。
  
ここで質問、困るのは誰なのでしょうか?


実は「お子さん」です。
お母さんではありません。

 

転ばぬ先の杖で、お母さんはお子さんが困らないようについつい準備をしてあげちゃうんですよね。
でもこれって必要ですか?
  
それなら、あえて忘れさせて困らせれば良いと思いますが、いかがでしょう?

子どもが困るとかわいそうだからという思い以上に
忘れ物をしたら、だらしない親と思われるのがイヤだっていう
自分目線の気持ちも裏で働いていませんか?

でも、お子さんの成長を考えるなら、
そんなこと勝手に先生に思わせておけば良いのです。

本当に大切なのは、自分で気づき、自ら忘れ物をしない子になる事。

確かに最初から、そんな子には育ちません。
どう育てるか?

 困った時がチャンス!

「困った時がチャンス!」です。次からどうするか?がポインです。

 

まずは、持っていく物のリストを一緒に作ってみる。
最初のうちは、リストに従って一緒にいれていく。
慣れて来たら自分でやらせる

自分で始めると最初から完璧にできる子は、ほぼいないので忘れ物をしてしまう事でしょう。
それでも構いません。その困ったという体験こそが大切で次は考えるようになります。
お母さんに相談するかもしれません。

そのときがお母さんの出番です。一緒に考えてあげてください。

お子さんが自分で考えることが出来るようにする。「経験から学ぶ」ことは非常に重要です。
大人になってもそうですし、大人になる過程においてもその重要性は大きく、
自分に置き換えて考えれば、身にしみて感じられることと思います。
ましてや子供の吸収力は大人とは比べ物にならないほどです。
子供にとって「経験から学ぶ事」はとても重要な要素でもあり、
更にこれから勉強をする上でもとても大切になっていきます。

だからこそ、
時にはお子さんを暖かく見守りつつも少し離れて接するあげることも
重要な教育の一環とも言えます。
 
 
さて、「やりすぎママは子供の成長に危険」ってお話はいかがだったでしょうか。


あなたが子供の為だと思い、ついついなんでもやってしまいがちなお母さんだったとしたら、
あえて子供に失敗をさせてあげるという大きな気持ちを持って接してあげることも大切です。
優しすぎるお母さんだからこそ、そういう風に接するのは辛く感じるかも知れませんが、
待ち受け人間にならない子を育てる為にも、
是非一度子供の成長や学びのためだと思い、試してみて下さい。

受験とはちがう。社会ではライバルは日本人だけじゃない!

 ライバルは日本人だけじゃない


お盆というのに、涼しい毎日ですね。
でも、受験生は夏が勝負の時です。今日はちょっと長いですが、しっかりと読んでください。君達が受験で闘うのは、日本人で同じ年の人たちだけ。でも、社会に出たらどうなんだろう?これは、今、起きている現実の話で、ぜひ見てもらいたい私の友人から届いたメッセージです。大事な内容ですのでじっくりお読みください。

 友人からのメッセージ

子どもたちへ

続き読む

知っておいて損はない「いい洗脳と悪い洗脳」

 赤ちゃんに歌を歌い出す

「やしゃし〜ね〜」と何度も何度も歌っているのがわかりますか?
こちらは、先日の保育室での出来事。赤ちゃんに、みんながいきなり歌を歌い始めました。何度も何度も同じことを言う。

これは、人を洗脳するときに使われる手段。これも、立派な洗脳です。^-^

 お子さんにどんな声をかけてるか考えて見て下さい

あなたは、お子さんにどんな声をかけていますか?

「遅いんだから〜」
「ぐずね〜」
「ノロノロしてないで速くしなさい」
「なんでわからないの」
「勉強しないんだから〜」

思わず、悪気はなく、お子さんにやってほしいから言ってしまうことってないですか?それをお子さんに今まで何回言っていますか?そうすることで知らず知らずのうちに僕は、私は、そうなのか〜と脳が思い始めます。

脳が思い始めるとそれは、脳の無意識の部分に働きかけます。

意識をしている部分は氷山の一角。
無意識の部分の方が大きいのです。

 未成熟の脳にはよい情報を

そこにその情報を入れてしまうとどうなるかは想像できますよね。どうせ入れるなら、良い情報を入れてあげましょう。

「やさしいね」
「ありがとう」
「昨日より、出来るようになったね」
「元気に起きて来てくれてありがとう」

何でも良いのです。元気に起きてこなくたってそういってしまいましょう。

お母さんが笑いながら、そういっているとお子さんは、そのマジックにかかってきます。子どもにかける言葉は、お母さんからのメッセージ。洗脳(いい意味の)にも繋がります。

みんなが嬉しくなるような言葉をかけていく方が長い目で見たら、きっとうまく行くと思います。

お子さんへの声かけちょっと気にしてみてください。

ABC英語教室へのお問い合わせ
お母さんが子どもに遊びながら教える楽々英語も開催中!

暗いときには灯りをつけよう!

 心が前向けになれない時こそ心がける事

暗くなったら灯りをつける。
明るい昼間は灯りを消す。

こんな当たり前のこと誰でも知っていますよね。
そして、誰でもやっていますね。

電気代もったいないし^-^

続き読む

おうむ返し

[おうむ返し]

子どもはおうむ返しで言葉を覚えます。
「おはよう」というと「おはよう」
「おはようございます」というと「おはようございます」
と返ってきます。

続き読む

<動画>幼稚園に行きたくな〜い-No School –

先日の「幼稚園行きたくない」をYoutubeに掲載しました。

 

幼稚園イヤだ!(No School!!)

[学校行くのヤダ!]

幼稚園や学校、塾等
お子さんが行きたくないという日がありますよね。
そんなのないというお子さんもいらっしゃいます。
それなら、お母さんも安心ですよね。


でも、「嫌だ!」と言われたときに、
どんな言葉をかけていますか?

  

続き読む

ページ 1 of 6123...Last »

教室のビデオ