ABC英語教室
認定保育所も兼ね備えたプリスクール

 
カテゴリーのアーカイブ

子育てママへのワンポイントアドバイス

自分目線ではなく、子ども目線の声かけが子供の力を伸す

声かけで変わる心


「ママ〜、目つぶって〜!」
「何で? ママは目はつぶらないよ!」
「いいから、来て来て〜!ほら、こんなに頑張ったんだ〜!」
黒板に書いてある時間を指してママに自慢げに見せる子。   

ABCの勉強部屋には、英語だけではなく、学校の勉強や宿題をするクラスがあります。
そこで、かけ算を頑張った子。 どんどん速く言えるようになってママに見せたかったようです。
この時間の表を見た時に、あなたは何と声をお子さんにかけますか?         

ママは家族の為にご飯を作っていますよね。
たまには、時間をかけて頑張る時もあると思います。
「ご飯できたよ〜!」
「は〜い」
「今日のご飯、美味しいね!」
「でもさ、この前のあれは美味しくなかったね。」
「いつもこんなに美味しいと嬉しいのにね〜。」
なんて言われたら、どんな気持ちがしますか?  

本当なら、
「ママ、美味しい〜!ありがとう!」
こんな言葉を聞きたいですよね。   

これを学習時のかけ算に例えてみましょう。  

「すごいな。どんどん速くなってる〜」
「だけどさ、これ3×4=12の反対から言えるの?」
「反対から言えなかったら、ダメなんだよ。」
「この前もさ〜….」

では、どうでしょうか?
料理の時の反応と同じく、お子さんも同様の気分でしょう。

だからこそもっと素直に「今」の気持ちを伝えるべき。

「すごいな。どんどん速くなってる〜」
「かけ算、頑張ったんだね〜!」 
「ママ、ビックリしたよ〜!」
「嬉しいな〜」

ちょっとしたらことばの伝え方だけで、
お子さんのお顔は想像以上に変わるかもしれません。

伝えかたを変える事で自分のお子さんの表情がどんどん変わっていきます。
きっとどんな風に変わるのか、毎日が楽しみになりますよ。


やりすぎママは危険、それがお子さんをダメにしてますよ!

 なんでもやりすぎになってませんか?

こんなことありませんか?
「忘れ物はない?明日は、これが必要よ」なんて、
お子さんの準備とかついつい手伝うどころか全部やってしまうなんてこと。
 
その子は泣きながらスクールにやって来ました。
お母さんに理由を聞くと、今日の為に用意していた物を隠したから叱ったと。

 実はよくある話…「困るのは誰?」

子供が忘れないようにと思い、スクールに持っていく物をお母さんは準備をした。
お子さんは、それをなぜか隠してしまった。

えー、そんなことでとお思いかも知れませんが、
こんな風なことで叱ったってことよくある話なのです。
  
ここで質問、困るのは誰なのでしょうか?


実は「お子さん」です。
お母さんではありません。

 

転ばぬ先の杖で、お母さんはお子さんが困らないようについつい準備をしてあげちゃうんですよね。
でもこれって必要ですか?
  
それなら、あえて忘れさせて困らせれば良いと思いますが、いかがでしょう?

子どもが困るとかわいそうだからという思い以上に
忘れ物をしたら、だらしない親と思われるのがイヤだっていう
自分目線の気持ちも裏で働いていませんか?

でも、お子さんの成長を考えるなら、
そんなこと勝手に先生に思わせておけば良いのです。

本当に大切なのは、自分で気づき、自ら忘れ物をしない子になる事。

確かに最初から、そんな子には育ちません。
どう育てるか?

 困った時がチャンス!

「困った時がチャンス!」です。次からどうするか?がポインです。

 

まずは、持っていく物のリストを一緒に作ってみる。
最初のうちは、リストに従って一緒にいれていく。
慣れて来たら自分でやらせる

自分で始めると最初から完璧にできる子は、ほぼいないので忘れ物をしてしまう事でしょう。
それでも構いません。その困ったという体験こそが大切で次は考えるようになります。
お母さんに相談するかもしれません。

そのときがお母さんの出番です。一緒に考えてあげてください。

お子さんが自分で考えることが出来るようにする。「経験から学ぶ」ことは非常に重要です。
大人になってもそうですし、大人になる過程においてもその重要性は大きく、
自分に置き換えて考えれば、身にしみて感じられることと思います。
ましてや子供の吸収力は大人とは比べ物にならないほどです。
子供にとって「経験から学ぶ事」はとても重要な要素でもあり、
更にこれから勉強をする上でもとても大切になっていきます。

だからこそ、
時にはお子さんを暖かく見守りつつも少し離れて接するあげることも
重要な教育の一環とも言えます。
 
 
さて、「やりすぎママは子供の成長に危険」ってお話はいかがだったでしょうか。


あなたが子供の為だと思い、ついついなんでもやってしまいがちなお母さんだったとしたら、
あえて子供に失敗をさせてあげるという大きな気持ちを持って接してあげることも大切です。
優しすぎるお母さんだからこそ、そういう風に接するのは辛く感じるかも知れませんが、
待ち受け人間にならない子を育てる為にも、
是非一度子供の成長や学びのためだと思い、試してみて下さい。

幼稚園イヤだ!(No School!!)

[学校行くのヤダ!]

幼稚園や学校、塾等
お子さんが行きたくないという日がありますよね。
そんなのないというお子さんもいらっしゃいます。
それなら、お母さんも安心ですよね。


でも、「嫌だ!」と言われたときに、
どんな言葉をかけていますか?

  

続き読む

教室のビデオ