ABC英語教室
認定保育所も兼ね備えたプリスクール

 
カテゴリーのアーカイブ

子供の潜在能力を伸ばす

英語を英語で体得できる子供の優れた能力

 こんな質問、実はNG!

英語を始めた頃に親御さんがお子さんについつい聞いてしまいがちな質問が
「今日はABC(英語教室)で何したの?」 「これは英語でなんていうの?」

でもこの質問はあまりオススメ出来ません。
こう言う聞き方はやめて欲しいというのが本音なんです。

 英語を英語で体得する事の大切さ

お子さんの能力のすごいところは英語を英語で体得することができると言う点。
でも、大人になると英語で英語を理解ということができなくなります。
どうしても英語を日本語で理解しようとしてしまいます。
英語がわからないから訳したいのです。

 子供にとって英語は理解するものではなく身に付けるもの

子供はわからないなりにも英語を聞いてゲームをどんどんやってくことができます。
みんなの動きを見て「こうやって行動するのか」「こうやって答えるんだ」 と理解していきます。
それをどうやって日本語で言うの?と聞かれても子供はわかりません。
英語を日本語変換して理解しているのではなく、英語そのものを身につけていくからです。

 子供の成長を大人の物差しで見ない

ここが大人が英語を習得するのと子供が英語を身につけていく違いです。
うちの子は英語を日本語に訳すことができないから、
またその逆で日本語を英語に訳すことができないから
「うちの子は英語を習いにに行っても何も身に付いていない」と思わないでください。
お子さんはテストをされていると思います。

「英語楽しかった」と言ってくれていたら、英語を身につけていっています。
どうか、お子さんが楽しんでいる姿を見て、一緒に喜び、理解してあげていただきたいと思います。

 

 

 

自分目線ではなく、子ども目線の声かけが子供の力を伸す

声かけで変わる心


「ママ〜、目つぶって〜!」
「何で? ママは目はつぶらないよ!」
「いいから、来て来て〜!ほら、こんなに頑張ったんだ〜!」
黒板に書いてある時間を指してママに自慢げに見せる子。   

ABCの勉強部屋には、英語だけではなく、学校の勉強や宿題をするクラスがあります。
そこで、かけ算を頑張った子。 どんどん速く言えるようになってママに見せたかったようです。
この時間の表を見た時に、あなたは何と声をお子さんにかけますか?         

ママは家族の為にご飯を作っていますよね。
たまには、時間をかけて頑張る時もあると思います。
「ご飯できたよ〜!」
「は〜い」
「今日のご飯、美味しいね!」
「でもさ、この前のあれは美味しくなかったね。」
「いつもこんなに美味しいと嬉しいのにね〜。」
なんて言われたら、どんな気持ちがしますか?  

本当なら、
「ママ、美味しい〜!ありがとう!」
こんな言葉を聞きたいですよね。   

これを学習時のかけ算に例えてみましょう。  

「すごいな。どんどん速くなってる〜」
「だけどさ、これ3×4=12の反対から言えるの?」
「反対から言えなかったら、ダメなんだよ。」
「この前もさ〜….」

では、どうでしょうか?
料理の時の反応と同じく、お子さんも同様の気分でしょう。

だからこそもっと素直に「今」の気持ちを伝えるべき。

「すごいな。どんどん速くなってる〜」
「かけ算、頑張ったんだね〜!」 
「ママ、ビックリしたよ〜!」
「嬉しいな〜」

ちょっとしたらことばの伝え方だけで、
お子さんのお顔は想像以上に変わるかもしれません。

伝えかたを変える事で自分のお子さんの表情がどんどん変わっていきます。
きっとどんな風に変わるのか、毎日が楽しみになりますよ。


英語と国語が苦手な中学生が1日5分で30点あげる方法とは?

国語と英語の苦手な中学生必見!


「試験」と言うと苦手な人にとっては嫌な響きですよね〜。
でもご安心ください。
英語と国語に限ってですが、
テストの点数を30点すぐにあげる方法(中学生)があります。

 

ご安心ください。誰でもできる実に簡単な方法です


ではご説明いたします。
本当に簡単ですので「えっ!それだけ?」ってびっくりしないでください。
とにかく今からご紹介することを必ずやってください。

必ず上がる? 
って、本当に〜ッて疑ってますか。

でも、本当なんです。
これをやってテストの点が上がらなかった子はいません。
上がらなかった子は、やらなかったからです!

必ず点数が上がる方法とは?


毎日、教科書を5分ずつ読む。
たったこれだけです。   

「えーっ」って思いますよね。

でもこれだけで上がります。   
教科書というのは、その学年にあったように出来ています。
そして、そこに書いてある事はその年令なら、理解できるであろうないようです。   
それが理解できないという事は、そのレベルに言っていないのか。
読み方が足りないかなのです。

教科書の説明も良く出来ています。
そしてテストはそこから出るのです。   

受験もそうです。
高校受験なら、中学生の内容が出てきます。
難関校はちょっと違うかもしれません。
でも、ほとんど変わりません。
同じ中学生なんですから。   
教科書なんて参考書を読めば良いよ。
なんて思っていませんか?

それは大間違いです


本を読んで内容を理解できないなら、何度も読んでみてください。
参考書なんていらないんです。 何度も読む。
そして、学校の授業を受ける。
また、同じ所を読む。 その繰り返しで、理解度が深まるのです。
理解度が深まると全体が見えてきます。
全体が見えると細部が見えてきます。
そうするとテストは楽なのです。
この繰り返しで受験も乗り越えていくことができるのです。
受験勉強は中学の勉強の総まとめです。

いきなり、3年生になって始めたって無理なのです。
だからこそ、毎日5分が大切なのです。
これが出来れば、すぐに30点は上がります。
だからといって止めてはいけません。
上がった〜!もう、やらなくて良い〜〜! ではないのです。

最後に重要なのは継続すること


続けるのです。 そこからは少しずつの変化でしょう。
でも、続ける事で必ず上がります。 嘘はつきません。
必ず上がります。 やってください。
後は、あなたの持久力。   
そして、これには副産物が。
読解力が上がると数学も上がります。
やらないわけばないですね。 さあ、始めましょう。
では、次に毎日やるコツを教えましょう。

「勉強ができる子に育てたい」その唯一の方法とは?

 ウチの子、なかなか勉強してくれない、この先心配だわ〜、

「うちの子なかなか勉強してくれない」この先心配〜!

なかなか勉強をしてくれない我が子をみて少し心配になり塾に入れた方がいいのか迷ってたりすることもあると思います。でも塾選びもなかなか大変です。世の中にはたくさんの小学生のための塾がありますし、さてどこを基準に選べばいいのやらと塾選びでも頭を悩ませることになってしまいます。今日はどのような視点で考えればいいのか、お子さんが勉強できるようになるためには何が必要かをご紹介します。

 普通に塾に行けば勉強できるようになるのか?

塾に行き単に勉強を教われば、だんだん子供は勉強してくれるようになると思いますか?実はそれだけではダメなんです。

いい塾の定義を一言で言うと勉強を教えるのではなく、勉強ができるようになることを教えることなのです。

私たちも勉強は教えません。
勉強を教えないのに塾なの?と言われそうですが、
はい、そうです。勉強は教えません。
  
私たちのABC英語教室は英語だけでなく、実は全ての教科を教えています。
小学生の宿題から中学生の受験対策まで。

それなのに、勉強は教えないの?と言われそうですが、
答えは「はい、教えません。」

 どうやったら自分で勉強ができるのか?

我々が教える事は、どうやったら勉強ができるようになるか?

 

先生に言われなくても、自分で課題を見つけ勉強を始める。
先生に説明されなくても、自分でどこを探してみれば問題解決できるのか?
どこをどう間違ったのか。どうすれば解けるのか。
そのためのノートの作り方。

こうすることで自分で解決しようとする力が養われます。
実は大学受験とて最後は自主学習ができるかがポイントなんです。
あくまで塾はその手助けをすると言うことが前提なんです。
小学生から自分で解決しようとする力を養えば、
何をするにしても強い人間になり、もちろん勉強も出来るようになります。

 

子供にとって楽になるだけでは伸びない

先生に教えてもらい、授業形式でやってもらうのは、楽なんです。
だって、自分で考えなくてよいから。
与えられた物をやって、わからなければ教えてもらう。
これって楽なんです。自分で調べるのは大変ですから。

でも、それでよいのかな?
自分で解決する力はつくのかな?

事実、
他の塾から来て、私たちのやり方に慣れるまでは大変です。
「何で教えてくれないの? 塾なのに〜?」という子もいます。

でも、ひとたびABCのやり方に慣れると先生に何も言われなくても、
来たと同時に自分でテキストをだして、やり始めます。

 

 『どんなお子さんに育ってほしいですか?』


自分から課題を見つけて取り組む子?

それとも
課題を言われるまで待っている子?

もう答えは明らかですよね。

さていかがでしたでしょうか。
勉強ができる子を作るには、
勉強をただ教えるのではなく、勉強ができる子に育てること。
塾だけでなく、子育て自体もこの精神が大切です。

だからこそ、

「どこをやったら良いのか教えてほしい」
「わからない時は先生に教えてほしい」
「先生の説明を聞かないと問題が解けない」

などと、
塾にこう言う部分だけを期待するのは長い目で見ると
本当に意味でお子さんが自ら勉強ができる子には育ちにくいのです。
(我がABC英語教室ではこう言う部分を期待する方は来ない方が賢明です)

是非、塾選びをする際は入塾前の面談でこの辺りのことを聞いてみて
判断してみてください。

 

教室のビデオ