ABC英語教室
認定保育所も兼ね備えたプリスクール

 
カテゴリーのアーカイブ

子供の潜在能力を伸ばす

英語を英語で体得できる子供の優れた能力

 こんな質問、実はNG!

英語を始めた頃に親御さんがお子さんについつい聞いてしまいがちな質問が
「今日はABC(英語教室)で何したの?」 「これは英語でなんていうの?」

でもこの質問はあまりオススメ出来ません。
こう言う聞き方はやめて欲しいというのが本音なんです。

 英語を英語で体得する事の大切さ

お子さんの能力のすごいところは英語を英語で体得することができると言う点。
でも、大人になると英語で英語を理解ということができなくなります。
どうしても英語を日本語で理解しようとしてしまいます。
英語がわからないから訳したいのです。

 子供にとって英語は理解するものではなく身に付けるもの

子供はわからないなりにも英語を聞いてゲームをどんどんやってくことができます。
みんなの動きを見て「こうやって行動するのか」「こうやって答えるんだ」 と理解していきます。
それをどうやって日本語で言うの?と聞かれても子供はわかりません。
英語を日本語変換して理解しているのではなく、英語そのものを身につけていくからです。

 子供の成長を大人の物差しで見ない

ここが大人が英語を習得するのと子供が英語を身につけていく違いです。
うちの子は英語を日本語に訳すことができないから、
またその逆で日本語を英語に訳すことができないから
「うちの子は英語を習いにに行っても何も身に付いていない」と思わないでください。
お子さんはテストをされていると思います。

「英語楽しかった」と言ってくれていたら、英語を身につけていっています。
どうか、お子さんが楽しんでいる姿を見て、一緒に喜び、理解してあげていただきたいと思います。

 

 

 

自分目線ではなく、子ども目線の声かけが子供の力を伸す

声かけで変わる心


「ママ〜、目つぶって〜!」
「何で? ママは目はつぶらないよ!」
「いいから、来て来て〜!ほら、こんなに頑張ったんだ〜!」
黒板に書いてある時間を指してママに自慢げに見せる子。   

ABCの勉強部屋には、英語だけではなく、学校の勉強や宿題をするクラスがあります。
そこで、かけ算を頑張った子。 どんどん速く言えるようになってママに見せたかったようです。
この時間の表を見た時に、あなたは何と声をお子さんにかけますか?         

ママは家族の為にご飯を作っていますよね。
たまには、時間をかけて頑張る時もあると思います。
「ご飯できたよ〜!」
「は〜い」
「今日のご飯、美味しいね!」
「でもさ、この前のあれは美味しくなかったね。」
「いつもこんなに美味しいと嬉しいのにね〜。」
なんて言われたら、どんな気持ちがしますか?  

本当なら、
「ママ、美味しい〜!ありがとう!」
こんな言葉を聞きたいですよね。   

これを学習時のかけ算に例えてみましょう。  

「すごいな。どんどん速くなってる〜」
「だけどさ、これ3×4=12の反対から言えるの?」
「反対から言えなかったら、ダメなんだよ。」
「この前もさ〜….」

では、どうでしょうか?
料理の時の反応と同じく、お子さんも同様の気分でしょう。

だからこそもっと素直に「今」の気持ちを伝えるべき。

「すごいな。どんどん速くなってる〜」
「かけ算、頑張ったんだね〜!」 
「ママ、ビックリしたよ〜!」
「嬉しいな〜」

ちょっとしたらことばの伝え方だけで、
お子さんのお顔は想像以上に変わるかもしれません。

伝えかたを変える事で自分のお子さんの表情がどんどん変わっていきます。
きっとどんな風に変わるのか、毎日が楽しみになりますよ。