ABC英語教室
認定保育所も兼ね備えたプリスクール

 

2018年新学期スタート!


2018年新学期スタート!

 わくわくドキドキの4月

新学年や新学期を迎えドキドキ、ワクワクしながら4月を迎えたことと思います。 そして、4月も後半を迎えるころには、学校や新しいクラスにも慣れてきた頃ではないでしょうか。もしかしたら引っ込み思案なお子様や人見知りで奥手なお子さんはまだ慣れてない子もいらっしゃるかも知れませんね。だとしてもこれから徐々に環境に慣れ緊張感もとれ、少し落ちついてくることと思います。

 習い事を始めるタイミング

生活のリズムや気持ちも少し落ち着いてくるこの時期は、習い事を始めるのにも今は良いタイミングです。私たちのABC英語教室でもこの時期は体験のお申し込みが特に多くなります。 習い事を始める理想のタイミングは、お子さん自ら始めたいと切り出した時と言えますが、なかなか小さい頃はお子さん自らから始めたいと切り出す事は少ないでしょう。中学生以下のお子さんにとっては言い出しにくいことでもあるので、親御さんの助言やサポートが必要だと思います。  

 

 2020年から英語教育が変わります

2020年から英語教育が大きく変わり、小学校でも英語も必修科目になることで、「英語をなんとかせねば…」と気になさる親御さんもが多いようです。 更に小学生だけでなく中学の英語教育もこれまでとは大きく変わりますし、その為にも英語の早期教育が益々重要になってきます。英語は勉強として習うよりも、遊びながら楽しく英語に慣れることで早期に身に付きます。 当然、小さい頃から慣れ親しんだほうがより自然に無理なく修得できます。

 でもABCのスタンスは変わりません

だからと言ってABCではこれまでと教育方針は変えません。ABCの教育方針は、何をやるにも、まずは楽しくやることだと考えています。楽しいと思って英語を始めれれば、英語を「勉強」しなければいけなくなった時にも抵抗は少ないでしょう。 英語教育の早期化によって子供たちが得る最大の恩恵は、「発音がきれい」「聞き取りができる」「読める」などだけではないと思います。幼いころから英語に接することにより、「英語って楽しい」という気持ちを子供たち自身が感じることだと思います。

 だから99%以上のお子さんが英語を話せるようになる

「習うより慣れろ」という言葉があるように、ABCではお子さんに楽しみながら英語に慣れていく教育方法をとってます。だからこそこれまでABCを卒業したお子様の実に99%以上のお子様方が英語を話せます。中学校では英語の授業は英語だけで行われるようになるそうです。2020年から小学校、中学校での新しい英語教育においてもABC英語教室で早期に学ぶことの優位性を実感する事が出来ると思います。グーローバル化、多様化していく時代の中で、益々英語の重要性が高まっています。英語に楽しく接することで自然と体得でき、コミュニケーション能力の向上も期待できます。ABCはこれからも変わらず、お子さんが英語を話せるようになることはもちろんのこと、お子様の人間形成や長所を伸ばすことなどをサポート応援していきたいと思います。

ご案内

英語のクラスや保育園の様子、詳しくはこちらをクリック

クラス構成&料金体系、詳しくはこちらをクリック

そもそもABC英語教室ってどんなところ?詳しくはこちらをクリック

ABCブログ、読むにはこちらをクリック

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

教室のビデオ