ABC英語教室
認定保育所も兼ね備えたプリスクール

 

【あや子の起業ものがたり⑬】


【あや子の起業ものがたり⑬】

【あや子の起業ものがたり⑬】

子どもの英語の発音。
日本語でも子どもの言葉は聞きにくい。
それと同じで、英語も聞きにくい。
ちょっと舌ったらずだったりして、可愛い。

でも、一番わかりにくい原因はこれだと思う。

プリスクールの送りの時間はどこの国かわからない

それは、子ども達の親の出身がそれぞれ違うから
ヨーロッパ、ロシア、中国等、色々な国の言語が飛び交う

親とGoodbye. を言うまでは
家で使っている言語で話す。

日本では見られない光景。

先生と親は英語で話す。
でも、出身地の訛りがあって英語もそれぞれ
だから子ども達の英語もちょっと違う。

あの子達はNY育ちだから
ネイティブになるんけど、
いろんなアクセントを持って
育っていくんだろうな。

もちろんPhonics(フォニックス)
という発音の授業があって、
「l」、「r」、「th」、「v」、「f」など、
唇と舌の形を駆使して正しい発音の方法を学ぶ。

でも、毎日、家庭で話す言葉の
アクセントは中々抜けない。

日本人は、発音を気にしすぎて、
話すことを怖がる傾向にあるけど、
ネイティブもこんな感じなんだから、
あまり意識せずに、
どんどん話していく方が絶対にいいですよ。

言葉はコミュニケーションの道具

お互いがわかり合おうと努力するから、
自分の思いを伝えることが大切!

次回はNYのXmasとNew Year

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です